ポケモンプレイ日記

ポケモンの育成とかプレイレポートとか。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポケモン紹介~砂漠の蜻蛉~

ついに卵の厳選も終わり、念願のフライゴンが完成^^
今回はそのフライゴンの型を紹介させていただきます。

    フライゴン
   フライゴン
NN:サングラス 性別:♂
性格:むじゃき(素早さ↑特防↓)
特性:浮遊
努力値:特攻196 攻撃140 素早さ172
技構成:竜星群 大文字 地震 蜻蛉返り
持ち物:拘りスカーフ

まずはフライゴンの基本データについて。
種族値はHABCDS=80,100,80,80,80,100の520族。
能力的には平均以上なものの、タイプ同じのガブリアスには全ての能力で劣っています;
ガブリアスの差別化として、蜻蛉返りか地割れを入れるのが一般的なようです。
自分はスカーフ持ちということもあり、交代読みの蜻蛉返りを採用しました。
まぁ個人的には、可愛さと特性の浮遊で十分差別化出来てると思いますがw

さて、今回は個体値がHABCDS=31,31,24,31,18,29の高個体値を粘りました!(*^_^*)
掲示板にて親用ナックラーを譲っていただいたなおさんには感謝いたします。

努力値はいろいろと調整してみました。
まずは特攻。この振り方は耐久無振りカイリューを竜星群確1調整にしています。
600族の竜の中で一番耐久があるのがカイリューなので、奴らを返り討ちに出来ます。
そして素早さは無補正素早さ振りスカーフ持ちガブリアス抜き調整です。
ちなみに素早さの個体値が29なので8余分に振ってます。
これによって技だけでなく、能力的にも600族の竜に差別化を計ります。
残りの努力値は地震の威力を上げるために攻撃に振りました。
計算してみたところ、この振り方で威嚇なしウインディが高乱数1発のようです。

主な戦い方としては電気技か地面技読みで無償降臨し、相手の行動を読んで攻撃します。
まきびし、毒びし、すなあらしが無効で、ステロも半減のため、結構繰り出しやすいです。
ちなみに前回紹介したクチートは地震を誘いやすいので、このフライゴンとは相性抜群です(^o^)/

…とまぁこんな感じ。
やっぱりポケモンはやればやるほど奥が深い…。
ポケモンが原因で寝不足にならないよう気をつけますw

それでは。
スポンサーサイト

テーマ:ポケットモンスターHG・SS - ジャンル:ゲーム

次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。